DHA

EPAでアンチエイジング

EPAは、魚の油に多く含まれる脂肪酸です。
牛や豚の脂に含まれる「飽和脂肪酸」とは違い、EPAは「不飽和脂肪酸」に当たります。
この「不飽和脂肪酸」は、中性脂肪を低くしたり、悪玉コレステロールを減らす、といった優れた効果をもたらしてくれます。
良く耳にするDHAもこの不飽和脂肪酸であり、魚をよく食べようと推奨するのは、この良質な成分を持っているためでもあります。

EPAには、特に血液をサラサラにする効果が優れています。
健康という面からみれば、動脈硬化や心筋梗塞などの予防につながります。
アンチエイジングという視点で見ると、血液がサラサラであればそれだけ新鮮な血液が各細胞に送られるというメリットがあります。
同時に、EPAには肌の角質をつなぎあわせる役割もあるため、瑞々しい肌を保つことが出来ます。
生理痛をやわらげてくれる効果が見られたり、小腸を刺激するホルモンによってダイエット効果が期待出来たりと、多くの付加価値が見られる嬉しい成分なのです。

食事から摂取する場合は、ほとんどが魚からの摂取となります。
通常の食事量ならばまず心配はありませんが、魚には微量ながら水銀が含まれているので、1度に大量の魚を食することはお勧めできません。
特に妊娠している場合、直接お腹の赤ちゃんに影響がでてしまうため、量に注意しましょう。
妊婦さんに関しては、厚生労働省から摂取量に関する注意事項も出ておりますので、参考にしてください。

魚ではなく、サプリメントを利用するのも良いでしょう。
今は多くのサプリメントが販売されています。
成分量などを良く見て検討し、自分に合ったものを選びましょう。
この時気をつけたいのは、EPAなどの不飽和脂肪酸は非常に酸化しやすい成分だということです。
サプリメントとして生成される際に、きちんと酸化対策がとられている商品を選びましょう。
酸化してしまった不飽和脂肪酸は、役に立たないばかりか、逆に身体に害を及ぼす場合もあります。
安心な商品を選び、アンチエイジングにしっかりとつなげていきましょう。