DHA

しじみでアンチエイジング

数あるアミノ酸の中でも、オルニチンは少々特殊になります。
遊離アミノ酸と言って、タンパク質と結合せず、身体の中にとどまり、人が生きる上で必要な活動の助けとなってくれます。
エネルギーの生産を補助したり、ホルモン生成の助けともなるのです。

このオルニチンが多く含まれる食品として、有名なのがしじみです。
しじみは、昔から、2日酔いに良く効くと言われていました。
これは、オルニチンが肝臓に多く存在しているアミノ酸であるためです。
肝臓に住みついたオルニチンの働きにより、肝機能を促進させ、有害物質を効率よく排出出来るようになるのです。
疲労回復も早まり、成長ホルモンの助けにもなるので、身体全体が若々しく元気になります。
アンチエイジングとしては注目すべき食材というわけです。

肝臓は、身体の中の老廃物を、無害なものに変化させる濾過装置の役目をしてくれています。
有害物質が多ければ、それだけ肝臓もフル活動をする必要があります。
肝臓が疲れて上手く働かなくなれば、元気が無くなり、わかりやすく肌の色が悪くなっていきます。
顔色は見た目の印象として最も印象的な部分の1つです。
オルニチンには、肝臓を助ける働きとは別に、直接肌に良いビタミンやミネラルもバランスよく含まれています。
見た目の若さを保つのに非常に効果的な栄養素なのです。

また、しじみを食する場合は、1度凍らせてから調理することをお勧めします。
冷凍して、繊維を壊すことで、そこからうまみ成分がしみ出して、より美味しくなります。
また、オルニチンも何倍にも増えるので、美味しいうえに栄養価もアップするという、嬉しい食べ方でもあります。

オルニチンはしじみ以外にはあまり多く含まれることのない成分です。
きちんと安定した摂取をのぞむのであれば、サプリメントなどを使うのも良いでしょう
しじみを乾燥させたものを、料理に使うという方法もあります。
調味料の代わりにもなり、日持ちもするので便利です。
しじみを食べて、毎日元気にアンチエイジングを目指しましょう。