DHA

DHAでアンチエイジング

DHAは魚の、特に青魚の油に多く含まれている不飽和脂肪酸の1種として、よく知られています。
特に注目されているのが脳に与える影響力で、DHAを摂ることによって記憶力などの学習能力がアップするというデータも得られています。
DHAは脳に送られる血液をふるいにかける、血液脳関門を通過することが出来るのです。
同じく魚に含まれる不飽和脂肪酸の1つ、EPAは、この脳関門を突破することが出来ません。
脳の、特に海馬と呼ばれる記憶をつかさどる部分に多く存在し、脳に充分な栄養を運ぶことが出来るのです。

では、アンチエイジングとしてはどのような働きが期待出来るでしょうか。
まず、不飽和脂肪酸特有の、血液をサラサラにしてくれる効果があります。
新陳代謝を高め、各細胞を新しいものに変えてくれるために欠かせない効果です。
この効果によって、肌が瑞々しくなり、透明感も出てきます。
また、DHAにはホルモンバランスを整えてくれる働きもあるようです。
女性ホルモンは加齢とともに減少してしまう上、ストレスなどの刺激にも非常に弱い存在です。
このバランスを上手く保ってくれることにより、より一層の美肌効果が期待出来ます。
さらに前述した脳への影響により、頭も若返るのです。
頭を働かせることは、身体全体の細胞の活性化にもつながります
気持ちも前向きになり、非常に重要な要素と言えます。

魚から摂取する場合に気をつけたいことは、DHAの酸化です。
DHAは非常に酸化しやすい構造をしているため、出来るだけ新鮮で酸化の進んでいないものを選びましょう。
また、文字通り油の中に多く含まれていますので、油をそのまま食べることの出来る生食が1番効率よく摂取できます
焼き魚は、調理の途中で油が流れ出てしまうことも多いので、注意が必要です。
煮魚の場合は、汁に溶けだした油が固まって出来る、にこごりまで食すると良いでしょう。
いずれにしても、酸化を防ぐ働きのあるビタミンC、E、Aを多く含む野菜を一緒に食べることがお勧めです。
こうした抗酸化作用のあるビタミンは、脂肪酸の酸化を遅らせてくれる働きもあります。