DHA

トマトでアンチエイジング

「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるように、真っ赤なトマトには身体に良い成分がたっぷり含まれています。
見た目も鮮やかなトマトは、お日様をいっぱい浴びて育つ夏野菜の代表ですが、この赤い色素がとても重要です。
体内の老廃物や、余分な水分を除去してくれて、夏の疲れやすい身体をメンテナンスしてくれる優れた成分なのです。
お肌の再生能力も強く、アンチエイジングにも効果大です。

トマトに含まれる赤い色素は、リコピンと呼ばれ、緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの1種です。
活性酸素を除去してくれる、抗酸化作用の非常に強い成分で、同じく抗酸化作用に長けたベータカロチンと比べても2倍もの量が含まれています。
さらに嬉しいことに、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えてくれる働きもあります。
メラニンに必要なチロシナーゼという酵素の働きを抑え込んでくれるためです。
つまり、2重の働きで美白の助けとなってくれるのです。
夏の強い紫外線で受けるお肌のダメージも、この強力な活性酸素によって修復することが出来ます。
赤い色素であるリコピンに含まれる効果ですので、トマトが真っ赤になればなるほど効果は強くなります。
良く熟した真っ赤なトマトを選ぶようにしましょう。

また、野菜や果物に含まれる栄養素は、水に溶けやすく、熱に弱いものが一般的ですが、リコピンは加熱調理してもその栄養を失うことはありません
よって生食はもちろん、スープやソースなどにも利用でき、料理の幅も広がります。
缶詰のホールトマトなら時期に関係なく楽しめますし、保存も効きます。
ストックしておくと便利な食材です。

イタリア料理ではオリーブオイルと共によく使われますが、これはトマトの栄養を効率よく摂取するためには最適な食べ方なのです。
油に溶けやすいリコピンは、一緒に食べることで栄養の吸収もグンとよくなります。
生で食べる時にも、オリーブオイルを使ったドレッシングと食べれば、より強力な効果が期待出来るでしょう。